家の排水管つまりで困った!そんな時にどうする?ここで役立つ基本知識を紹介します!

トイレやキッチンといった排水を目的とした設備のつまりは正しい基本知識を身に着けておけば自分でも対処可能です。
排水管トラブルに多い異物混入は、幅広い場所で活用できるラバーカップを使えば大半のケースで問題を解決できます。
ラバーカップがない、トラブルが改善されない場合は、重曹とお酢を使って中の異物を溶かす方法が効果的です。
作業に伴って炭酸ガスが発生することもあるので、換気扇を付けるなど空気が循環できるようにしなくてはいけません。

家の排水管つまりで困った!そんな時にどうする?ここで役立つ基本知識を紹介します!

トイレやキッチンの排水管のつまりは基本知識を身に着けておけばある程度対応ができます。
つまりトラブルの基本とも言えるのがラバーカップです。
排水口を塞いだ状態で押して引くという簡単な動作で行える上に、トイレからキッチンまで幅広い場所で使うことができます。
自宅にラバーカップがない場合は重曹とお酢の組み合わせでも対応可能です。
排水管に重曹、お酢の順番で入れて1時間放置した後、50℃前後のお湯を注げば完了となります。
重曹とお酢は2:1の割合を守れば入れる量に決まりはありません。
作業に伴って炭酸ガスが発生するので換気が必要です。

そもそも家の排水管はどこにある?つまりの原因とは?

家の中で起きてしまう排水管のつまりの問題は、まずは原因としてあげられることは、蓄積された汚れによって配管内が狭くなっていることが多い傾向にあります。
排水管の場合は樹脂製配管を使っていることが多いのですが、トイレの場合では一気に汚物を流してしまうことでつまってしまう問題は起きてしまいます。
トイレは浴室や洗面台、シンク台とは異なり狭いスペースになることや、トラップの位置が近くにあることも起因して起きやすい問題になるので注意が必要です。
住宅内の排水管の位置は、バスルームと洗面台、キッチンに関しては真下に設置されていることが多く、敷地内の埋設管を経由して汚水を流している構造です。
トイレに関しても真下に備わっていることが多いのですが、古い時代のトイレから新型のトイレへとリフォームをしている住宅では、リモデル式といって排水位置を移設させる方法でリフォームをしている場合も多く、実際には真下ではなくズレた位置に設置されていることが一般的です。

これは排水管つまり?こんな症状が現れたら要注意!

自宅内に完備されている水回りの設備機器は、全てが給水管と排水管と接続しているものなので、使っていると後につまりのような症状が出てしまうことは珍しいことではありません。
この問題は急に起きてしまうものではなく、長い日数を掛けて徐々に出ることが多く、前兆は以前よりも水の流れが悪くなったと感じた際には注意が必要です。
水の流れが遅くなっても普通に使えている状態であっても、更に進行すると逆流が一瞬起きた後に流れる現象もあります。
このような前兆があれば排水管のつまりが進行しているものなので、早い段階で対処することが必要です。
専用のクリーナーを排水管へと流し込む方法やワイヤーブラシで直接に内部洗浄を行う方法もあり、早期であればこれらの方法で悪化させることなく快適性を取り戻すことは可能です。
流れの遅さや逆流の現象は要注意になるので、クリーナーなどで対応できたとしても、完璧に仕上げるには水道修理を行う会社に高圧洗浄を依頼すると万全です。

排水管つまりを放置するとどうなる?そのリスクについて知るべし!

一般家庭でも厨房施設でも、排水管のつまりを感じた際には早急に修理を行うことが必要です。
もしも放置してしまった場合は、初期段階では排水能力は低いものの何とか流すことができていたとしても、後に完全につまってしまい1敵の水も流れない状態に陥る可能性があります。
このケースでは本来であれば簡単に修理をすませられる場合でも、薬剤や道具では対処することができずに、排水管を分解して新しい配管に交換するという工事が必要とされ、当然ながら工事費用が高くなります。
このリスクを回避するには、やはり普段からのメンテナンスは重要になり、配管用の薬剤を使う方法やワイヤーブラシを使って一定期間毎に排水管内部を洗浄する作業を行えばつまりを未然に回避することができます。
放置することにより一般家庭では大問題にはなりにくいものの、厨房など飲食店関連では水が使えないことで閉店を余儀なくされるリスクがあるので、少しでも排水能力に異変を感じれば早期の修理が必須です。

排水管つまりで業者を呼びたい!選ぶ際のポイントとは?

キッチンやお風呂場あるいはトイレなど、家の水まわり排水管がつまりを起こして、困っている方もいるはずです。
つまりの症状が軽く、自分で修理できる範囲ならばよいですが、深刻な重度の症状であれば、それは無理せずにプロの業者を呼ぶべきでしょう。
とはいえ、世の中には数多くの水道工事会社が存在しており、その中から自分の希望やニーズにふさわしい会社を見つけるのは、なかなか難しいのが現実です。
またその中には悪徳な会社もあるので、それを見極めることも求められます。
そこで給排水管が詰まって業者を選ぶなら、幾つかの基本的なポイントを理解しておくべき肝心です。
まずスタッフの資格の有無をチェックすること。
水道工事をするにあたっては、検査や点検だけでも様々な資格が必要になります。
給水装置工事主任技術者をはじめ下水道排水設備工事責任技術者や管工事施工管理技士、あるいは水道技術管理者といった、水道工事に関する資格を持ったスタッフを配置しているか、ホームページ等でしっかりチェックしましょう。
もう1つ忘れてはならないポイントは、必ず複数の会社から事前見積を取って、比較してから選ぶことです。
比較することで工事の相場を把握し、工事内容や料金を詳しくチェックすれば、自分にピッタリな理想の会社を見つけることが可能になります。

排水管のつまりは自分で直すことができるのか

水のトラブルの中でも特に多いのはつまりです。
キッチンや浴室の水が流れなくなって困った経験を持つ人も多いのではないでしょうか。
業者に修理を依頼することもできますが、軽度の場合は自分で直すこともできますのでまずは状態を確認することをおすすめします。
トイレの場合は、トイレットペーパーの流し過ぎが原因となることも多くなっています。
この場合は、ペーパーが水に溶けることで自然に解消するケースもあります。
急いで改善したい場合はラバーカップや真空式パイプクリーナーも活用してみましょう。
ラバーカップはトイレだけではなく、キッチンやお風呂場でも活用できます。
排水管の汚れが原因ということも珍しくありません。
排水管が汚れている場合は、掃除をしてみましょう。
取り外しができない部分や手の届かない部分にはパイプクリーナーも効果的です。
こうした商品を使えば、髪の毛もしっかりと溶かすことができます。
それから、異物を流してしまうこともつまりにつながりますので、できるだけ早く拾いあげることも大切です。

排水管のつまりを解消す売る道具を用意しておくと便利

排水管のつまりは専門の業者に依頼すればいとも簡単に解決してくれますが、安心できる一方で費用がかかってしまうのがネックです。
特にあまりにも簡単な作業であれば、自分でもできるのではないかと思う方も少なくありません。
そんな方には排水管のつまりを解消する道具を用意しておけば、万が一の事態でも自分で解消できる可能性があります。
最もポピュラーなラバーカップは圧力を加えたり吸引したりを繰り返すことで、原因になっている物質を動かします。
高圧洗浄機は高い圧力をかけた水流を勢いよくぶつけることで、原因の物質を砕きます。
排水管用の洗浄剤は錠剤や液体の形式で、投入することで原因となっている物質を溶解して取れやすくしてくれます。
前述の方法と併用することで、絶大な効果をもたらします。
万が一の事態に備えて、これらの道具をあらかじめ用意しておけば可能な限り業者には頼らずに自身で解消できる可能性があり、まずは試してみる価値はあります。

排水管のつまりは熱湯を流すことで解消できる可能性も

排水管のつまりが発生した際には不安になるばかりではなく、自身で対処しようか、それとも専門の業者に依頼するか迷うところです。
業者に依頼すれば当然費用が発生することから、可能であれば自身で解決したいと考える方も少なくありません。
原因の多くは、油や食べ物などがヘドロ状になって付着してなかなか取れない状況があります。
もしもそれがピンポイントの原因だった場合には、熱湯を流すことで解消できる可能性がある自分でできる方法です。
固まったヘドロが熱によって溶け始め、粘着力が失えば下へと落ちてつまりが取れる場合があります。
やかんに入った分を試してから様子を見て、それでも変化が無ければもう一度熱湯を用意して流すのを試します。
この方法では同時に熱による殺菌が行われることから、排水管の奥から出てくる嫌な臭いも緩和されることがあります。
これで全て解消されるのがベストですが、それでも駄目だった場合にはプロの業者の出番です。
連絡をすれば迅速に駆け付けてくれて、問題を解決してくれます。

排水管のつまりが起きた時には太い針金のハンガーは役立つ可能性があります

バスルームや洗面台、キッチンやトイレは経年劣化や過失により排水管のつまりを起こしてしまうことは良くある事例です。
本来であれば水のトラブルを解決する専門会社に依頼する方法で簡単に直せる範囲が殆どですが、自分でもできそうと考えた方は、クリーニング店で受け取ることができる太い針金のハンガーがあれば排水管内の問題となっている異物を流し込むことに成功できる可能性はあります。
フック部分から逆方向に曲げ続け、ハンガーを直線に近い状態にまで伸ばすことができた場合、そのまま排水口から奥側まで通す方法で直せる可能性はゼロではありません。
一向に解消できない場合で、最初は針金に手応えがあったものの、その後は出し入れを反復しても直らないのであれば針金が細過ぎる可能性があるので、先端部分に脱落をしないようにビニールテープを何重にも巻き込んで太くする方法もあります。
更に太くするには使わないハンカチなどを先端に巻き込んで固定する方法であれば、一気に異物を流すことができる可能性は高まります。

排水管のつまりには市販の薬剤を使うと良い!

排水管のつまりは、かみの毛が原因であったり、石鹸かすやコンディショナーや埃など色いろです。
大きな物がふさいでいて、それが原因で流れが悪くなっているようであればそれを取り除かなくてはなりません。
しかし汚れが蓄積されて詰まっているようであれば、市販のパイプクリーナ―を使うと結構改善されることもあります。
いそいでいるときや、パイプクリーナ―を使用しても問題が解決できない時には早急に排水管など水道系の修理業者に依頼する事をお勧めします。
そうする事で問題を解決して貰う事が出来ますし、根本的な改善がみられます。
汚れがたまっていることが原因のつまりの場合は、市販のものでまずは様子を見てみて下さい。
定期的に利用する事で、そういったことがおこらなくなる可能性も有りますし、排水管は汚れがたまってしまう事で詰まるという事も有りますのでメンテナンスという感じで使っていくと良いでしょう。
まずはドラッグストアでチェックです。

排水管,つまりに関する情報サイト
排水管のつまりはこうやって解決!

トイレやキッチンといった排水を目的とした設備のつまりは正しい基本知識を身に着けておけば自分でも対処可能です。排水管トラブルに多い異物混入は、幅広い場所で活用できるラバーカップを使えば大半のケースで問題を解決できます。ラバーカップがない、トラブルが改善されない場合は、重曹とお酢を使って中の異物を溶かす方法が効果的です。作業に伴って炭酸ガスが発生することもあるので、換気扇を付けるなど空気が循環できるようにしなくてはいけません。

Search